営業時間の規制により経営は一気に厳しくなった

新風営法がもたらした性風俗店への影響。「善良の風俗」とは?

性風俗店に転換をもたらした新風営法。新性風俗を語る場合、昭和60年2月13日に施行された新風俗営業法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律。以下新風営法)を考察することは重要なことである。新風営法登場の骨子は二つある。

一つは昭和23年に新設、その後12回の改正を加えて存在していた同法が、世の中の多様化に対応できなくなったこと。もう一つは、風俗営業は各県条例が風俗営業法に優先し、営業許可、営業時間など各県まちまちであり、全国的な統制がとれていなかったことだ。新法施行により、それまで午後11時までの営業だった風俗店は、午後12時までと1時間延ばされた。これは一つの優遇策であったけれども、性風俗店は大いに困惑したのである。新風営法では、風俗関連営業として新たにストリップ、ソープランド、ファッションヘルス(項目にはないが、その他に入る。以下ヘルス)、アダルトショップ、個室マッサージなどが追加されている。

これらの性風俗店はこれまで風俗営業法の適用を受けない法律外の店であったので、営業時間などの規制を受けることはほとんどなかった。新風営法施行前、営業時間が最もルーズであったのは、当時既にソープランドをしのぐ人気のあったヘルスと、漸く人気の出てきた個室マッサージだった。ヘルスの中には、早朝4時、5時まで営業するところが珍しくなく、24時間営業の店も存在したほどである。ソープランドにしても、深夜2時、3時まで堂々と営業を行なっていた。それが各県条例を統括するという意味での新風営法で営業時間が「日の出から午後12時まで」とされた。


What's New
2014/12/04 Recommendを更新しました。
2014/11/30 新着記事を更新しました。
2014/11/29 多種多様化する風俗を更新しました。
2014/11/26 隠された論理を更新しました。
2014/11/24 善良の風俗を更新しました。
2014/11/22 対抗策とはを更新しました。
2014/11/21 新風営法がもたらした性風俗店への影響。「善良の風俗」とは?を更新しました。
2014/11/18 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
埼玉デリヘルスタイルマンゾクまいど風俗ネット
埼玉県に特化したデリヘル店舗を掲載!待ち合わせしたい駅など絞込み風俗店・デリヘルを検索!全国の風俗・デリヘル・ソープ最新情報大阪を中心とした関西での風俗店情報を配信すると共にみんなで風俗を楽しもうぜ!